投資

TOKAIホールディングス 株主優待 使い方

カタカタです。

今回は私がオススメする株主優待と、その使い方について書いていきたいと思います!

今回は   TOKAIホールディングス (銘柄コード 3167)の株主優待について紹介します。

TOKAIホールディングスってどんな会社?

いくら優待が優れていても、よく知らない会社の株を購入するのは勇気が必要ですよね。

少し説明すると、TOKAIホールディングスは静岡県静岡市に本社がある持株会社です。

TOKAIホールディングス

2011年に石油やLPガスなどのエネルギー関連事業を行っているTOKAIとその子会社でケーブルテレビやインターネットサービスなどを展開していたTOKAIコミュニケーションズが経営統合を経てTOKAIホールディングスが設立されました。

Wikipediaを見てもらればわかるのですが、グループ企業が多いのでかなり手広く事業を展開しています。

もらえる株主優待

100株保有の場合

2019年7月19日現在 最低売買単位の100株を買うには、928×100=92,800円が必要です。

権利確定日に100株保有していると

1.天然水(500mlペットボトル)        ×12本

2.天然水宅配サービス(12l入)         ×1本

3.クオカード                500円相当

4.自社グループ食事券            1,000円相当

5.自社グループ会員サービスポイント     1,000ポイント

6.自社モバイルデータ通信サービス利用料割引 2,100円相当(350円割引×6ヵ月)

この中から1つが選択出来ます。

それに加えて

・自社グループ結婚式場婚礼10%割引券

・自社グループ食事20%割引券12枚

がもらえます。

300株保有の場合

2019年7月19日現在 300株を買うには、928×300=278,400円が必要です。

権利確定日に300株保有していると

1.天然水(500mlペットボトル)        ×24本

2.天然水宅配サービス(12l入)         ×2本

3.クオカード                1,500円相当

4.自社グループ食事券            3,000円相当

5.自社グループ会員サービスポイント     2,000ポイント

6.自社モバイルデータ通信サービス利用料割引 5,100円相当(850円割引×6ヵ月)

この中から1つが選択出来ます。

それに加えて

・自社グループ結婚式場婚礼10%割引券

・自社グループ食事20%割引券12枚

がもらえます。

5,000株保有の場合

2019年7月19日現在 5,000株を買うには、928×5,000=4,640,000円が必要です。

権利確定日に5000株保有していると

1.天然水(500mlペットボトル)        ×48本

2.天然水宅配サービス(12l入)         ×4本

3.クオカード                2,500円相当

4.自社グループ食事券            5,000円相当

5.自社グループ会員サービスポイント     4,000ポイント

6.自社モバイルデータ通信サービス利用料割引 11,280円相当(1,880円割引×6ヵ月)

この中から1つが選択出来ます。

それに加えて

・自社グループ結婚式場婚礼10%割引券

・自社グループ食事20%割引券12枚

がもらえます。

オススメの買い方

私がオススメする買い方としては、100株か300株での購入です。

何故かというとそちらの方が利回りがいいからです。

例として、クオカードで考えてみましょう。

・100株の場合は500円のクオカードなので利回りが0.5%
・300株の場合は1,500円のクオカードなので利回りが0.5%
・5000株の場合は2,500円のクオカードなので利回りが0.05%

なので5,000株は利回りが良くありません。

手数料にも注意!

10万円以下の株式売買にかかる手数料は一回大体100円の証券会社が多いのですが

松井証券で株式を購入した場合、1日の約定代金合計が10万円以下までは手数料が無料です。

なので1株が1,000円以下の株式は手数料無料で購入できます。

たかが100円の手数料なら払ってもいいや、と思うかもしれませんが
10万円以下で100円の手数料がかかってしまうと、0,1%の利回りがなくなってしまうのと同じことです。

ですので、出来る限り手数料を減らせるように努力することが大切です。

手数料を減らす方法

注意が必要なのは、200株以上購入する場合です。その場合は、約定代金が10万円をこえてしまいますので手数料が発生します。

私は300株ほど保有していますが、3日に分けて購入しました。
もちろん手数料は無料です。

5,000株で購入するには、株価が900円の場合は資金が450万円以上必要ですしコスパを考えるとあまりお勧めできません。

松井証券でも手数料が無料になるよう購入するためには、50営業日必要になり現実味がありません。

今回はわかりやすくクオカードで比較しましたが、あなたが一番欲しいものを選択するのが正解です。

私は1番の天然水のペットボトルを選択しています。
なぜならあっても全く困りませんし、いざ災害が起きた時に重宝すると思ったからです。

優待の到着時期は8月下旬または9月下旬になりますがこれは企業により変更になる可能性があります。

2番・5番・6番はサービスに加入したりしないといけないので多少手間がかかるのと、冒頭で紹介したように東海地方の静岡県がメインなので利用が難しいのが理由の一つです。

さらに3月と9月の半期ごとに権利確定があるので半年ごとに株主優待がもらえるのもありがたいです。

それに加えて配当金も1株につき14~15円が半月ごとにもらえます。
なので利回りは約3%前後となっております。

この数値は株価や配当金の増減によって変化します。

まとめ

アーリーリタイアを目指す上で配当金を積み上げるのは重要ですが、日本独自の株主優待という制度をうまく利用できれば生活に彩りが加えられると思っています。

皆様も自分の生活に必要な優待を見つけてうまく活用してみましょう。

最後に投資判断はご自身の責任でお願いします。
私のブログは参考程度にしていただけると幸いです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA