投資

株式投資初心者に伝えたい三つの心得!

これから株式投資を始めようとしている方に向けてのアドバイスをまとめました。

1 心構え

初めに

株式投資に当たって言える事がある。

それは株式投資をするに当たってかならずといっていいほど損失を抱えるという事である。

株式投資をスポーツに例えると分かりやすいと思う。

サッカー・野球・バスケットボール・テニス・卓球・ラグビー・水泳でもいい。

それは世界1の選手でも敗北する事があるということだ。

 

メッシ選手、C.ロナウド選手、大谷翔平選手、フェデラー選手、ナダル選手、ジョコビッチ選手、錦織圭選手、水谷隼選手、張本智和選手、石川佳純選手、有名選手を挙げてみましたが全戦全勝の選手は1人もいません。

必ず負けはあります。ただ一流選手は負け方が上手いのです。大敗せずに惜敗するのです。何かを学び次の勝負に活かすのです。

何故負けたのか研究しないのと次はないです。

厳しい言い方を言うならば、ただ楽に稼ぎたいだけならば株式投資はお勧めできません。

楽に稼ぎたいならサラリーマンの方がよっぽど楽です。ただ上司の言うことを聞いてればいいのですから。

向上心と稼ぎたい心がある人に株式投資はおススメです。

2 投資環境を作る

投資ができる環境を作るのは大切なことだ。

毎日死ぬ気で節約して種銭を作る人がいるのも事実だが、そこまですると挫折する人も出てくるだろう。

今すぐにでもアーリーリタイアを目指す人を別にして、まずは日々のちょっとした贅沢をカットしてみたらいいのではないだろうか?

毎日コンビニにビールを買っているならスーパーでまとめ買いした方が安くつく。その差額を日々投資に回すのも手だろう。

3 株式投資を始めてみる

環境を整えたら投資を始めてみよう。

ただ、最初の心構えで書いたように負ける事は絶対にあります。どんな名人でも100戦100勝なんてありえません。

負けたとしても、その負けをどう次に生かすかが重要です。

株式投資は継続して行うことにより勝ちやすくなるのは事実なのですから!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA